春休みにやった方がいい事。オススメ3つ【小学生編】

著者:admin

春休みにやった方がいい事。オススメ3つ【小学生編】

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えてたり、大人向けに脳活を行っているホップの宮下 信乃です。いよいよ春休みですね。我が子たちもウキウキしてます。

さて、今回は春休みにやった方がいい事【小学生編】です。

中学生の方は、中1編中2編をご参考ください。

①断捨離

整理整頓をしっかりしましょう。これって算数パワーと何の関係があるの!?って思うかもしれませんが、こういうキチッと整理整頓するという生活習慣が身についている子は計算ミスが少ないんですよ。これについては、また別の機会に詳しく触れますね。

話を戻して、何を捨てて何を残すか迷ったら、これからも使う可能性が高いものだけ残してください。なので、教科書は残す。ノートは捨てる。100点のテストは捨てる。授業用プリントも捨てる。プリント類で要点などがしっかりまとまっているものは取っておいてもいいかもしれません。プリント類でどうしても残したい物がある場合、必ずファイルに入れるようにしましょう。

頑張って書いたノートなのに!と思うかもしれませんが、何かこれから分からないことがあっても教科書を見ることはあってもノートを振り返ることはほとんどありません。

これだけ、捨てるとかなりスッキリとすると思います。

②テスト直し

①で100点のテストは捨てたと思います。100点でなかったテストについては、しっかり解き直し、今現在の自分が何ができて何ができていないのか把握しましょう。昔、100点取れなかったテストが今は100点取れるようになったら、そのテストは捨てましょう。できるようになったということです。

⓷計算トレーニング

算数は体育と同じで、日々訓練なところがあります。体育と同じで分かってもできないのが算数です。「分かった!」から「できた!」につなげるには、日々の訓練が必要になります。それが顕著に出るのが計算です。また、算数は積み上げの教科です。今現在の計算ができないと次の学年の計算もできなくなってしまいます。次の学年の計算を円滑にできるためにも、トレーニングしてほしいです。

ここでのトレーニングは時間を区切って取り組むようにしましょう。これについても、また別の時に話しますが、キッチンタイマーを使うといいと思います。

1、2、3年生なら100マス計算とかいいかもしれませんね。

4、5、6年生は必ず小数・分数の計算ができるようにしてください。中学でも本題ではなく、小数・分数の計算で止まってしまうことが多いんです。それくらい通分、約分、帯分数、仮分数、小数点の付け方がゴチャゴチャになっている子が多いんですねぇ。

2週間くらいしかない春休みですが、楽しく有意義に過ごしてくださいねぇ。

我が家も明日は整理整頓です!

著者について

admin administrator

コメントを残す