夏休みにこれだけはやっておこう【中1中2編】

著者:admin

夏休みにこれだけはやっておこう【中1中2編】

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えてたり、大人向けに脳活を行っているホップの宮下 信乃です。

お久しぶりとなってしまいました。気づけば、夏です(^^;;

あと1週間もすると夏休みになりますね。楽しい予定いっぱいですか??私はこの夏休みの流しそうめんにチャレンジしてみたいです。女のロマンですかね!?

さてさて、夏休み、勉強においてはとても大切な時期になります。この時期をいかに過ごすかが2学期以降にもっと言うと3年生の受験時期に影響していきます。

そこで、今回は、中1、中2年生向けに、夏休みにこれだけはやってほしい事2つ挙げたいと思います。

①テストの解き直し

期末試験などの定期試験、小テスト、計算テスト、単元テストなど1学期の間に色々なテストを行ってきたと思います。それらをもう一度、解き直しましょう。あの時できなかった問題が、今出来るようになったら、それだけ力がついたということになります。逆に、あの時も今も出来ないところは苦手なところなので、時間がある夏休みに克服すべき項目になります。テストに出るということはそれだけ大切な所ということになります。それをうまく利用しましょう。

②毎日5分の計算問題

数学は体育と同じで基礎体力がないとどんなに難しい問題も解けません。数学の場合、計算がそれになります。計算はやらないとトコトン計算力が落ちてしまいます。戻すのにとても時間がかかるので、毎日5分でいいので計算問題をやりましょう。毎日の積み上げが夏休み明けに大きな山になってますよ。

学校の宿題もたくさんあって大変でしょうが、この2つも夏休みにやっていくと、2学期以降楽になると思います。

学校の宿題、たくさんありますか?一人ではやる気が出ない、分からないところがある、早く終わらせたい、そんな方は、夏休みの宿題をやろう会というイベントに参加しませんか?無料イベントですので、お友達と誘い合って是非是非ご参加ください。

では、熱中症などには気をつけて、この夏を乗り切りましょ〜

著者について

admin administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。