【開催報告】算数・数学で遊んじゃおう会(4月28日)

著者:admin

【開催報告】算数・数学で遊んじゃおう会(4月28日)

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えたり、大人向けに脳活を行っているホップの宮下 信乃です。

ゴールデンウィーク、始まりましたねぇ~。みなさんは何連休ですか?私はカレンダー通りです。

さてさて、懲りもせずに毎月楽しくやっている『算数・数学で遊んじゃおう会』の開催報告です。毎回毎回、算数・数学好きを増やすためだけにやっているのですが、自分が楽しくて楽しくて、自分のためにやってる感もありますね。

今回は『楽器を作ろう①』ということでギターを作りました。ギターと算数・数学ってどんな関係があるの!?って思われるかもしれませんが、音楽と数学は関係アリアリなんですよぉ。

牛乳パックを使って作りましたよ。(我が家はあまり牛乳を飲まないので、お茶パックですが……)

 

このギターは左手で弦(輪ゴム)を押えて、右手の指で弦をはじいて音を出すタイプです。

さぁ~、ここからが左手でどこを押えると「ド」の音になるか、音を出しながら調べてみました。

すると、みんなの協力のもとドとファと高いドが等間隔になることがわかりました。

不思議ですねぇ。中学生、高校生くらいになると、他の音との関係も調べられますが、今回の参加者は小学低学年のお友達だったので、ここまででも十分です♪

なんだかんだ、音階を探し出し、演奏会です!

  

作ったのは弦が1本でしたが、「3本にしてみたらどうなるかなぁ」と言って3本の弦のギターを作ってみたりもしました。1つのことから、こうしたらどうなるかな、この方がすごくなるんじゃない?という発想はとっても素敵な発送ですね。1つのことから考えやアイディアが広がるということは、それだけ興味・関心があるということですね。

なので、そういう発言が出てくれると、こちらとしてはうれしいですし、シメシメという気持ちになりますね。算数・数学好きへの一歩です。

少し時間があったので、折り紙で12面体を作ってみました。

 

折り紙は、最高の教材です。正四角形からいろいろな図形、立体ができるので、図形力を付けるにはもってこいです。実際、小さいときに折り紙好きなお子さんは中学での数学で図形が得意なことが多いですね。楽しみながら、図形力が付くなんて最高ですよね。私は、小さいときそんなに折り紙をしませんでしたが、親になって折り紙をやるようになって、こんなに楽しいものはないと思いましたよ。

今回もたくさんの驚き、笑顔、わかった!をもらえて私のエネルギーになりました。これからも、算数・数学を好きになってもらえるような内容を用意しますので、ご興味のある方は是非是非ご参加くださいねぇ。

ちなみに、次回は5月19日(土)10:00~ あじさい会館3階 研修室 です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

また、楽しく算数・数学で遊んじゃいましょ~

では、また来月に。

著者について

admin administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。