終わったテストの問題用紙と解答用紙の取り扱い

著者:admin

終わったテストの問題用紙と解答用紙の取り扱い

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えているホップの宮下 信乃です。3学期が始まりますね。1年の締めの学期となりますね。

2学期の後半くらいに、ある生徒から「今までのテスト、全部捨てちゃったぁ」と言われました。終わったテストはもう用済みになったと思って捨ててしまったのでしょうねぇ。個人的には、テストの問題と解答用紙は学年が終わるまではとっておいて欲しいです。

理由は以下の2つです。

①テストの解き直しは効率の良い勉強方法の1つだから

②できるようになったか判断する材料となるから

①についてですが、そもそも大切だと思うことをテストで出しますよね。なので、テストでできなかった問題を解き直すということは大切な問題でしかも自分ができない問題を解き直すことになるので、とても効率がいいですよね。

②についてですが、テストをしてからしばらく時間を空けて(1ヶ月以上)もう一度全部解きます。昔できなかった問題ができるようになっていたら、できる力が付いてきたことになります。昔も今もできない問題は、再度、解き直しをしたり類似問題を解くなどしてできるようにすればいいですよね。自分ができるのかできないのか判断するにはテストはとても良い材料となります。

というわけで、テスト問題と解答用紙はすぐには捨てないことをオススメします。

3学期は仕上げの学期となります。テスト問題をうまく利用して、抜けのない力を付けていきましょう♪

著者について

admin administrator

コメントを残す