著者アーカイブ Shino

著者:Shino

お祭りで謎解き開催しました!

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えたり、大人向けに脳活を行っているホップの宮下 信乃です。

結構、時間が経ってしまいましたが……さる、10月27日(日)、星ヶ丘小学校で「星ヶ丘ふるさと祭り」が行われました。そちらで、謎解きを開催しました。謎解きと言っても、算数・数学に関係するものばかりですが…

最初は、人が来ないのではと不安で同じブースで販売していたシャボン玉で遊んだりしてましたが、何度も何度も来てくれる人、かなり考えてくれる人、「すっげ〜おもしろかった」と言ってくれた人などなど、とてもたくさんの方が来てくださりました。来てくださった方、ありがとうございました。

謎解きで出した問題は20問ほどありますが、1問だけ載せますので、是非是非みなさんもチャレンジしてみてくださいねぇ。

私自身、この問題でこんな反応をするんだ!とか、へぇ、そんな風に考えるんだぁ、とても楽しかったです。何よりもみんなが楽しそうにしていたのがうれしかったです。こんな素敵な機会を与えてくれた方や、準備をしてくださった方に感謝です!また機会があったら、是非是非謎解きしてみたいです!

大人も子供も謎解きが好きだという気づきにもなったので、そのうち単体でも謎解きイベントをやれたらいいなぁ〜って思ってます!

その時は是非是非、謎解きに来てくださいねぇ。

では、寒くインフルエンザが流行ってますが、元気に年末を過ごしましょ〜

著者:Shino

【開催報告】算数・数学で遊んじゃおう会(12月23日)

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えたり、大人向けに脳活を行っているホップの宮下 信乃です。

2019年になりました!あけましておめでとうございます!

今年も算数・数学を好きになってもらえるようにがんばりたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、先日、12月23日に年内最後の「算数・数学を楽しんじゃおう会」を開催しました。

今回は『ゲームで勝とう!』ということでどうしたらゲームに勝てるか、みんなで探してみました。ゲームに勝つことと数学と何の関係もないと思ったら大間違い!実は数学ととても密接に関係してるんですよ。数学を使いこなせばゲームで勝てるなんてすごいですよね!

今回は2つのゲームをやりました。

1つ目は「取ったらお金の合計が多い人が勝ち」というゲームです。

合計が多くなるためには先に取るのがいいのか、後に取るのがいいのか。取るときにどういうルールで取ればいいのか。などを考えました。

2つ目のゲームは「最後のコインを取った負け」というゲームです。

これも1つ目のゲームと同じようにおはじきを使って実際にゲームをやりながら試行錯誤していきました。

どちらのゲームも「先手必勝」という考えの元で勝つことができます。勝てる方法が分かったら「じゃ、負けることもできるんだね」と言ってました。弟とやるときは負けてあげるという優しいお姉さんがいました。そうですね、勝つことができるということは勝ち負けとコントロールできるということですね。

小学生にはちょっと難しい内容だったかもしれませんが、みんな、何度も何度も繰り返し取り組み勝つ方法を探そうとしていたのが、そして勝ってやった!ではなく優しさも見ることができたのが印象的なイベントでした。

今年はこれで最後になりますが、来年も算数・数学を好きになってもらえそうなイベントをやります。興味のある方は是非是非ご参加ください!

3月末には昨年同様、新中学一年生対象の「ゲームで学ぶ中学入学準備!」を開催する予定です。詳細はHPやFacebookなどに載せますので、是非是非ご参加くださいねぇ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。