こんな時こそオンラインレッスン!

著者:admin

こんな時こそオンラインレッスン!

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えているホップの宮下 信乃です。ついに緊急事態宣言が出てしまいましたね。我が子は臨時休校に飽きてしまったようで、早く学校が始まって欲しい、と毎日言ってます。小・中学生にとって、学校があることのありがたさを感じることができたかもしれませんね。

さて、東京都では臨時休校がGW明けまでに延長されました。学習面の遅れがとても気になると思います。かと言って、塾も休校になっているところもありますし、塾に行くことは、3つの密に当てはまってしまう可能性が高いので心配ですよね。

そんな時こそ、オンラインレッスンがお勧めです!自宅でできるので、外出する必要がありません。そして、パソコンがあれば簡単にできます。無料ビデオ通話なので通信料金などかかりません。しかも、ビデオ通話なので、目からの情報もしっかり得られるし、ライブなので分からないところはその都度質問もできます。また、お子様の反応に合わせて、こちらも教えていくこともできます。自宅にいながら、お子様に合った学習ができますよ。

嫌なニュースばかりですが、是非是非前向きに考えて、オンラインレッスンしてみませんか?質問、疑問、気になることなどありましたら、いつでもご連絡くださいね。

桜が咲くと、ついつい上を見てしまいます。でも、桜は根元に近い幹でも花を咲かせています。どんなところでも、花を咲かすことのできる桜はすごいですね。こういう大変な時ですが、みなさんが楽しく花咲かせることがきっとできるはずです!一緒にこの危機を乗り越えましょう。

著者:admin

折り紙で遊ぼう♪

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えているホップの宮下 信乃です。春を飛び越え夏のような気候から、冬に逆戻りの気温が続いてますね。新型コロナの影響で家にいないといけないし、小・中学生は退屈ですよね。今回は、時間のある時にちょうどいい折り紙についてです。

みなさんは、折り紙で手裏剣を作ったことがありますか?同じ形を2つ折って、合体すると手裏剣ができますね。では、今回は、以下の形です。

これを12個作ります。それを合体するとどんな形になるでしょうか?

また、30個を合体するとどんな形になるでしょうか?答えは次回お知らせしますね♪大切なのは想像することです。そして、こういう時間がある時こそ、折り紙で手を使って目で見て体感すると、図形力、立体力が付いていきますよ。正方形から色々な形ができるってすごいですよね。是非是非、「どんな風になるかなぁ」「ここがこうなるんだね」というように想像したり考えたりしながら折り紙を折ることをお勧めしますよ。

さて、前回のマッチ棒クイズの答えです。

どうでしたか?意地悪な問題もありますが、何もしないでボーッとする自宅待機ではなく、手や目、頭を使って算数・数学力をつけることも楽しいですよね♪

次回もお楽しみにぃ〜♪手洗い、うがい、十分な睡眠を取って、新型コロナをやっつけましょ〜

著者:admin

マッチ棒クイズ①

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えているホップの宮下 信乃です。新型コロナで新学期も予定通り始まるか微妙になってしまいましたね。まずは、みなさん自身が自分の身を守ることが大切ですね。少しでも楽しく自宅待機できるように、今日はマッチ棒クイズを用意しました。全部で3問です。是非是非、チャレンジしてみてくださいね。

では、第1問。初級編!マッチ棒を2本動かして正しい式にしましょう♪

第2問!中級編。今度はマッチ棒を1本動かします。

小学生には難しいかもしれないです。
最後、第3問!上級編。

これは、中1、2年生でも難しいかもしれないですね。ちょっと意地悪です^^;どんな状況でも、そこで楽しむことを見つけて、どうにかこの危機を乗り切りましょう!答えは、次回載せますね。お楽しみにぃ♪

算数と数学、計算や難しい問題を解くだけじゃないですよ。色々な所に算数や数学に関係することがあります。日常に潜む数学を是非是非探してみるのも楽しいかもしれませんね。

では、手洗い、うがい、十分な睡眠でコロナをやっつけましょう。

著者:admin

こんな時こそオンライン!

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えているホップの宮下 信乃です。新型コロナウィルスの影響で休校になってしまいましたね。まずは、これ以上、コロナが広がらないこと、皆さんがかからないことが最優先ですね。手洗い、うがい、そしてしっかり睡眠でウィルスを寄せ付けないようにしましょう。

さてさて、学校で教えないといけない内容も終わらず、塾も休講。外出も控えたい。そんな時こそ、オンラインですね。ホップは個々のニーズに合わせて授業を行なっております。書画カメラを使って行うので、目からも耳からも学習できます。終わってない内容を自分一人で学習するのは難しいですよね。また、学校や塾が休みだとなんとなくだらけて勉強どころじゃなくなりますよね。是非是非、ホップのオンライン授業を体験してみてください!

まずは、みなさんが元気にこの危機を乗り越えられることをお祈りいたします。

三度の食事と十分な睡眠で免疫力を高めて、ウィルスをやっつけよぉ〜♪

著者:admin

終わったテストの問題用紙と解答用紙の取り扱い

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えているホップの宮下 信乃です。3学期が始まりますね。1年の締めの学期となりますね。

2学期の後半くらいに、ある生徒から「今までのテスト、全部捨てちゃったぁ」と言われました。終わったテストはもう用済みになったと思って捨ててしまったのでしょうねぇ。個人的には、テストの問題と解答用紙は学年が終わるまではとっておいて欲しいです。

理由は以下の2つです。

①テストの解き直しは効率の良い勉強方法の1つだから

②できるようになったか判断する材料となるから

①についてですが、そもそも大切だと思うことをテストで出しますよね。なので、テストでできなかった問題を解き直すということは大切な問題でしかも自分ができない問題を解き直すことになるので、とても効率がいいですよね。

②についてですが、テストをしてからしばらく時間を空けて(1ヶ月以上)もう一度全部解きます。昔できなかった問題ができるようになっていたら、できる力が付いてきたことになります。昔も今もできない問題は、再度、解き直しをしたり類似問題を解くなどしてできるようにすればいいですよね。自分ができるのかできないのか判断するにはテストはとても良い材料となります。

というわけで、テスト問題と解答用紙はすぐには捨てないことをオススメします。

3学期は仕上げの学期となります。テスト問題をうまく利用して、抜けのない力を付けていきましょう♪

著者:admin

冬休みに後にやった方がいいこと

こんばんは。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えているホップの宮下 信乃です。

冬休みも残りあと少しになりました。保護者の方にしてみると、早く学校が始まって欲しいかもしれませんね。小中学生は冬休みの宿題に慌てて取り組んでる頃でしょうか。

さて、楽しい楽しい冬休みが終わった直後にやった方がいいことを今日はまとめたいと思います。

  1. ノートを補充する
  2. プリントの整理整頓をする
  3. テストを1箇所にまとめてファイリングしておく

1.ノートを補充する

授業中でもそうですが、いざ使おうと思った時にノートがないと一気にモチベーションが下がります。ノートは何冊あっても困らないので、授業が始まる前に補充しておきましょう。

2.プリントの整理整頓をする

授業中に配布されたプリントがグチャグチャになっていると復習したくてもできませんし、グチャグチャのプリントをみると一気にやる気が下がってしまいます。ここで整理整頓していつでも参照できるようにしておきましょう。

3.テストを一箇所にまとめてファイリングしておく

テストの見直しはとても効率の良い勉強の1つです。なので、必ずテストは学年が終わるまではとっておき、春休みのすべて解き直し、すべて理解していたら処分するようにすることをお勧めします。そのためには、見直しができるようにまとめてファイリングしておくことが大切です。数学は積み上げ教科です。1つ1つ確実に積み上がっているか知るためにはテストを解き直すことが効果的です。

3学期を効率よく学習するためにも是非是非準備を今のうちにしておきましょう。

今年は今までにないイベントも行いたいと思っています。算数や数学が嫌いな人も、興味がある人も是非是非ご参加くださいねぇ。

著者:Shino

お祭りで謎解き開催しました!

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えたり、大人向けに脳活を行っているホップの宮下 信乃です。

結構、時間が経ってしまいましたが……さる、10月27日(日)、星ヶ丘小学校で「星ヶ丘ふるさと祭り」が行われました。そちらで、謎解きを開催しました。謎解きと言っても、算数・数学に関係するものばかりですが…

最初は、人が来ないのではと不安で同じブースで販売していたシャボン玉で遊んだりしてましたが、何度も何度も来てくれる人、かなり考えてくれる人、「すっげ〜おもしろかった」と言ってくれた人などなど、とてもたくさんの方が来てくださりました。来てくださった方、ありがとうございました。

謎解きで出した問題は20問ほどありますが、1問だけ載せますので、是非是非みなさんもチャレンジしてみてくださいねぇ。

私自身、この問題でこんな反応をするんだ!とか、へぇ、そんな風に考えるんだぁ、とても楽しかったです。何よりもみんなが楽しそうにしていたのがうれしかったです。こんな素敵な機会を与えてくれた方や、準備をしてくださった方に感謝です!また機会があったら、是非是非謎解きしてみたいです!

大人も子供も謎解きが好きだという気づきにもなったので、そのうち単体でも謎解きイベントをやれたらいいなぁ〜って思ってます!

その時は是非是非、謎解きに来てくださいねぇ。

では、寒くインフルエンザが流行ってますが、元気に年末を過ごしましょ〜

著者:Shino

【開催報告】算数・数学で遊んじゃおう会(12月23日)

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えたり、大人向けに脳活を行っているホップの宮下 信乃です。

2019年になりました!あけましておめでとうございます!

今年も算数・数学を好きになってもらえるようにがんばりたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、先日、12月23日に年内最後の「算数・数学を楽しんじゃおう会」を開催しました。

今回は『ゲームで勝とう!』ということでどうしたらゲームに勝てるか、みんなで探してみました。ゲームに勝つことと数学と何の関係もないと思ったら大間違い!実は数学ととても密接に関係してるんですよ。数学を使いこなせばゲームで勝てるなんてすごいですよね!

今回は2つのゲームをやりました。

1つ目は「取ったらお金の合計が多い人が勝ち」というゲームです。

合計が多くなるためには先に取るのがいいのか、後に取るのがいいのか。取るときにどういうルールで取ればいいのか。などを考えました。

2つ目のゲームは「最後のコインを取った負け」というゲームです。

これも1つ目のゲームと同じようにおはじきを使って実際にゲームをやりながら試行錯誤していきました。

どちらのゲームも「先手必勝」という考えの元で勝つことができます。勝てる方法が分かったら「じゃ、負けることもできるんだね」と言ってました。弟とやるときは負けてあげるという優しいお姉さんがいました。そうですね、勝つことができるということは勝ち負けとコントロールできるということですね。

小学生にはちょっと難しい内容だったかもしれませんが、みんな、何度も何度も繰り返し取り組み勝つ方法を探そうとしていたのが、そして勝ってやった!ではなく優しさも見ることができたのが印象的なイベントでした。

今年はこれで最後になりますが、来年も算数・数学を好きになってもらえそうなイベントをやります。興味のある方は是非是非ご参加ください!

3月末には昨年同様、新中学一年生対象の「ゲームで学ぶ中学入学準備!」を開催する予定です。詳細はHPやFacebookなどに載せますので、是非是非ご参加くださいねぇ

著者:admin

【開催報告】算数・数学で遊んじゃおう会(4月28日)

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えたり、大人向けに脳活を行っているホップの宮下 信乃です。

ゴールデンウィーク、始まりましたねぇ~。みなさんは何連休ですか?私はカレンダー通りです。

さてさて、懲りもせずに毎月楽しくやっている『算数・数学で遊んじゃおう会』の開催報告です。毎回毎回、算数・数学好きを増やすためだけにやっているのですが、自分が楽しくて楽しくて、自分のためにやってる感もありますね。

今回は『楽器を作ろう①』ということでギターを作りました。ギターと算数・数学ってどんな関係があるの!?って思われるかもしれませんが、音楽と数学は関係アリアリなんですよぉ。

牛乳パックを使って作りましたよ。(我が家はあまり牛乳を飲まないので、お茶パックですが……)

 

このギターは左手で弦(輪ゴム)を押えて、右手の指で弦をはじいて音を出すタイプです。

さぁ~、ここからが左手でどこを押えると「ド」の音になるか、音を出しながら調べてみました。

すると、みんなの協力のもとドとファと高いドが等間隔になることがわかりました。

不思議ですねぇ。中学生、高校生くらいになると、他の音との関係も調べられますが、今回の参加者は小学低学年のお友達だったので、ここまででも十分です♪

なんだかんだ、音階を探し出し、演奏会です!

  

作ったのは弦が1本でしたが、「3本にしてみたらどうなるかなぁ」と言って3本の弦のギターを作ってみたりもしました。1つのことから、こうしたらどうなるかな、この方がすごくなるんじゃない?という発想はとっても素敵な発送ですね。1つのことから考えやアイディアが広がるということは、それだけ興味・関心があるということですね。

なので、そういう発言が出てくれると、こちらとしてはうれしいですし、シメシメという気持ちになりますね。算数・数学好きへの一歩です。

少し時間があったので、折り紙で12面体を作ってみました。

 

折り紙は、最高の教材です。正四角形からいろいろな図形、立体ができるので、図形力を付けるにはもってこいです。実際、小さいときに折り紙好きなお子さんは中学での数学で図形が得意なことが多いですね。楽しみながら、図形力が付くなんて最高ですよね。私は、小さいときそんなに折り紙をしませんでしたが、親になって折り紙をやるようになって、こんなに楽しいものはないと思いましたよ。

今回もたくさんの驚き、笑顔、わかった!をもらえて私のエネルギーになりました。これからも、算数・数学を好きになってもらえるような内容を用意しますので、ご興味のある方は是非是非ご参加くださいねぇ。

ちなみに、次回は5月19日(土)10:00~ あじさい会館3階 研修室 です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

また、楽しく算数・数学で遊んじゃいましょ~

では、また来月に。

著者:admin

【開催報告】中学準備 数学ゲーム(3月31日)

こんばんは。相模原市で小・中学生に算数・数学を教えたり、大人向けに脳活を行っているホップの宮下 信乃です。

桜はすっかり散ってしまいましたが、若葉がグングンと元気よく出てきてますね。この若葉が元気に気持ちよく風に揺られている新緑のこれからの季節が私は大好きですよ。とっても気持ち良いですよねぇ

さてさて、3月31日(土)年度末最後の日にあじさい会館にて『中学準備 数学ゲーム』を開催しました。

今回は中学から始まる数学に楽しく触れてもらいたく、いつものようにお菓子とお茶と一緒にゆる〜く開催しました。数学という小学校までの算数とは違うので肩苦しいことは抜きにして楽しんでもらえるようにゲームを2つやりました。

最初は、トランプを使ったゲームです。1企業の社長になったつもりで、黒字企業となるように頑張ってもらいました。

 

相手の表情を見ながら上手に黒字になった若社長もいたり、運が悪いのか借金ばかりが舞い込んでくる若社長もいたりと、みんな楽しそうに取り組んでいました。どんなことにも楽しく積極的に取り組むことのできた今回の参加者の新中一はとても素敵な人たちでした。こっちの方がすごく楽しかったです。

 

5〜6回やった後に、中一の最初に学習する内容に少し触れました。教科書も問題集もありませんが、ちょっとゲームしただけで、しっかり物の考え方が身につき問題を解くことができました。

2個目は、すごろくです。オーソドックスな遊びですが、意外に楽しく、止まったマスの指示に従って隣の人の肩を揉んだり、変顔をしたりと楽しくやっていきました。なかなかゴールにたどり着けない人もいましたが、これもまたゲームですね。

すごろくの後、さらに数学的考え方を説明し、これで入学してから1か月分の内容は完成です!

みんな笑顔いっぱいで、楽しくやっていたことが何よりも嬉しかったですね。そして「いつもこんな授業だったら超たのしい!」の言葉が私への何よりのご褒美になりました。

最後に少しだけ時間が余ったので、瞬間的に計算できる方法をみんなと探してみました。

「ええええええ〜、すぐ計算できないよぉ」と言いながらも、共通する考え方を見つけていくと、あら不思議!瞬時に計算できちゃいました!「あ!本当だ!すっげ!!!!!」この驚きが、私の次へのエネルギーになっていきました。

手土産に、今日の2つのゲームでできる数学の問題をプリントにして渡しました。「超簡単!」とプリントを見た瞬間に言っていました。2つのゲーム、手応えがあったみたいで良かったです!

こんな驚きと笑顔を、またたくさん見られるようなイベントをやりますので、興味のある方は是非ご参加くださいねぇ。詳しくはこちらです。

新年度が始まりました。新一年生にとっては毎日が新しいことの連続で、少し疲れてしまうかもしれません。そんな時こそ、楽しみながら学んでいくことを大切にしてみてくださいね。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。